地震に強い。高耐震コーチパネル工法

「倒壊しない」から一歩進んだ
「住み続けられる」性能。

木造住宅の工法である在来工法は、耐力壁と柱で家を支えています。耐力壁は家の壁となる非常に重要な部分で家が完成すると壁の中に納まり、目には見えなくなる部分です。一般的な木造工法である『筋違工法』と『大壁直貼工法』に比べて【コーチパネル工法】が地震に強い理由をご紹介します。

大臣認定取得で国も認める強さのコーチパネル

木造住宅において、圧倒的な強さを誇るのがコーチパネルです。従来の工法の約2倍の耐力と、1.6倍の粘りを兼ね備えています。この圧倒的な耐震性能が認められ、国土交通省の大臣認定を取得しています。

モノコック構造が強さの秘密

コーチパネルは構造面材・断熱材・間柱・枠材を一体化したパネルです。巨大な地震が来た際にもパネルが全体で力を分散させるモノコック構造で、従来の木造住宅には無い耐震性能を発揮します。

振動実験により耐震性能を証明

近畿職業能力開発大学校での振動実験で木造工法の検証を行い、従来工法とコーチパネルの耐震性能を比較しました。実験では繰り返しの余震を想定して震度7の揺れを繰り返し起こして検証しました。筋違工法が2回目で破壊、大壁直貼工法が3回目で破壊される中、コーチパネルは揺れを5回与えた後でも損傷や傾きは見られませんでした。繰り返す揺れに対してコーチパネルの耐震性能であれば安心であることが分かりました。

暮らしの安心を支えるために「コーチパネル」をハウテックスはZEH住宅で採用しています。
【浅間上町ZEHモデルハウス】をご覧ください。 >>>浅間上町ZEHモデルハウスページへ