繰り返す余震にも強い、ハウテックスの家づくり

時代は「倒壊しない家」から一歩進んだ
「住み続けられる家」へ

国の耐震基準である建築基準法をご存知でしょうか。

【震度6強の地震1回に対して傾きはしても倒壊はしない事】

この基準は地震等の災害時に、とにかく人が避難して身の安全が守れることを基準としています。現在の建築基準を満たしていれば1回の地震で倒壊することは少ないですが、実は繰り返し起こる余震は想定されていない基準なのです。

私たちの目指す家づくりは、巨大地震はもちろん、繰り返す揺れにも負けない強い家。毎日快適に安心して暮らせる家づくりをご提案します。

日本は地震大国。
暮らしていく上で避けて通れない地震。

世界でも有数の地震大国である日本に住む私たちは、日々の暮らしの中で地震に向き合っていかなければなりません。規模は小さくても毎日、日本のどこかで地震が発生しています。

被災地にしかわからない真実。
本当の地震の怖さは余震です。

地震被害に見舞われた地域の木造建築を2年経過した段階で調査した結果、新耐震基準の木造住宅にもかかわらず、地震被害時には一部破損に該当する水準の『軽微』だった住宅の29%、『小破』だった住宅の54%が、地震発生後2年の間に発生した余震の影響で家が弱くなり、更地(家の取壊し)や建て替えを余儀なくされていることが分かりました。

あまり知られていない、巨大地震後の余震の多さ。

巨大地震の後には何度も余震が来るということはご存知の方も多いでしょう。では実際に震災後どれだけの余震が発生したか、知っていますか?

2011年東日本大震災が発生した後の1年間の地震の数は、大小合わせて1万9000回を超えています。この揺れに家は耐えていかなければならないのです。

暮らしの安心を支えるために「コーチパネル」をハウテックスはZEH住宅で採用しています。
次ページ【高耐震・コーチパネル工法】をご覧ください。 >>>次ページへつづく