施工事例紹介
トップページ地震保険

地震への備え大丈夫?


今後30年以内に震度6以上の地震が来る確立は『87%』というデータもあります。私達の住む静岡県は東海地震が来ると、とても被害を受けることでしょう…富士山だって、いつ噴火するかもわからない…そこで、万が一の地震(噴火・津波・火災)でも安心していられる地震保険についてご紹介します。

地震保険って何?地震保険って何?


地震・噴火・津波

地震保険とは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没
または流失による損害を補償する、地震災害専用の保険です。

<支払い例>

  • 地震による火災

    地震により火災が発生
    家が焼失した

  • 地震による倒壊

    地震により倒壊した

  • 地震による津波

    津波で家が流された

※お支払いできない場合もあります。詳しくはお問い合せ下さい。

公共性の高い保険

政府と損害保険会社が共同で運営している公共性の高い保険です。

地震保険料控除

払い込んだ地震保険料が、その年の所得から控除されます。

地震保険はなぜ必要?

地震による火災は、火災保険では補償されません!

火災保険 地震保険
地震・火災・津波 ×
上記以外 ×

地震などによる延焼・拡大した火災損害も×です。


地震保険に加入するには?地震保険に加入するには?


契約金額の限度額

火災保険+地震保険

単独では契約できません!!
火災保険にセットして契約する必要があります。火災保険の契約期間中でも地震保険を契約することができます。


対象となるものは、居住の用に供する建物および家財です。

(

以下のものは、対象外となります。
工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券(小切手、株券、商品券等)、預貯金証書、印紙、切手、自動車等。

)
テントウムシ

火災保険の保険金額の30〜50%の範囲内で地震保険の保険金額を決めることが可能です。

ただし、
  建物 : 契約金額の限度額 5000万円
  家財 : 契約金額の限度額 1000万円     となります。

年間保険料の例

<保険金額1,000万円あたり保険期間1年につき>
所在地(静岡県
     ・建物の構造(主として鉄骨、コンクリート造り)の場合は16,900円/月
     ・建物の構造(主として木造)の場合は31,300円/月
※保険料は所在地(都道府県)と建物の構造により異なります。(2011年7月現在)

割引制度について

建物の免震・耐震性能に応じた割引制度があります。

地震が起きたときには?地震が起きたときには?

まずは身の安全を確保しましょう

建物・家財に全損半損一部損の損害が生じたときに保険金が支払われます。

  • 全損

    全損

    契約金額の100%
    (時価が限度)

  • 半損

    半損

    契約金額の50%
    (時価の50%が限度)

  • 一部損

    一部損

    契約金額の5%
    (時価の5%が限度)

時価とは、同等のものを新たに新築・購入するのに必要な金額から、使用による消耗分を控除した金額です。

※損害の状況については、保険会社専門の調査員が判定します。

店 長 か ら 一 言

店長の渡辺

ハウテックスの店長の渡辺です。
東日本大震災の影響もあり、新築をご検討のお客様は「東海地震が起きた時の被害を最小限にしたい・・・」とお考えのことと思います。ハウテックスでは万一地震・噴火・津波が起きて「建物」と「家財」に損害が生じた場合や、地震が原因の火災により損害が生じた場合の被害を補償してくれる地震保険を扱っております。少し分かりにくい点もありますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!ご不明な点につきましてはこちらまで!!


情 報 の 提 供

財務省 朝日火災

0120-939-662 お問い合せ・資料請求
プライバシーポリシー このサイトはリンクフリーです